年収の低い人がお金を借りるのですか?

年収の低い人がお金を借りるのですか?

消費者金融を利用している人はかなりの数になります。
約1400万人と言われており、国民の9人のうち1人は利用していることになります。しかし、この人数は20歳以下や年金生活者も含まれていますから、実際のところは5人〜6人に1人は利用しているのではないか?と言われています。
また、この数は消費者金融の利用者であり、銀行のフリーローンの利用者は含まれていないことからも、もっと多くの利用者がいると推測されます。
男女比は、男性の方が多く7:3もしくは、6:4と言われています。
男性の方が、年収も高く借り入れ審査に通りやすいということも理由のひとつでしょう。
また、総量規制により、専業主婦の借り入れができなくなったことも女性の借り入れが少ない理由のひとつでしょう。

 

【借り入れをする人の年収】
借り入れが必要というと、年収は低めでは?と勝手に思いこんでしまうのですが、実際はそうではありません。
実際借り入れしている人の年収は平均的な年収である500万前後の人が多いと言われています。
もうちょっと収入があるといいと思うくらいの年収で、かつ審査にも通りやすい年収の人だということでしょうか。
しかし気になるのは年収700万円以上の人も多いという点です。これくらいある人は生活はそこそこゆとりもありそうですが、意外と借り入れをしているのです。